どうにかしたい!その肩凝りの原因と改善方法について

 

 

「肩凝り」って辛いですよね。自分ではそんなに無理をしていないつもりでも、気づいたら肩凝りが酷くなっていたり、悪化しすぎると頭痛にまで繋がったりすることがあります。
2010年の厚生労働省国民生活基礎調査によれば、男性・女性ともに、肩凝りと腰痛は自覚症状があるトラブルとして1位・2位に挙げられています。日本人特有の生活のせいなのか何なのか、とにかく肩凝りと腰痛に悩む方が多いのです。

 

この厄介な肩凝り、どうして起きてしまうのか、原因や改善方法にはどのようなものがあるのかということについて、まとめました。

 

 

慢性的な肩凝りの原因は?

 

 

 

肩凝りといってもいくつかありますが、慢性的な肩凝りに悩んでいるという方が一番多いのではないでしょうか。
この慢性的な肩凝りの原因としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 血流が悪くなっている
  • 筋肉が凝り固まっている
  • 肩以外の筋肉も疲れ切っている
  • 身体が冷えている
  • 疲労物質が流れていない
  • ストレス
  • 寝不足
  • 姿勢の悪さ
  • 運動不足
  • 加齢

 

このようにざっと挙げただけでもかなりの数がありますが、実はこれらの他にも肩凝りの原因となるものは存在しています。つまり、「肩凝り」というだけでは、何が原因になっているのかが分からない状態なのです。
慢性的な肩凝りに悩む方の場合には特にこの原因が特定しづらいということが多くなっています。

 

ただし、特定は難しいにせよ、考えられる一番大きな原因は、「首・肩・肩甲骨の周りの筋肉の凝り」です。首や肩、肩甲骨の周りが凝ってしまっているというのは、筋肉が縮んで硬くなってしまっている状態を指します。全身の筋肉を使うわけではなく、何らかの理由で首や肩など同じ場所の筋肉ばかり使い続けてしまうことによって、筋肉が疲れ切ってしまっているのです。

 

 

どうして筋肉が凝り固まるの?

 

 

 

ではここで、どうして筋肉が凝り固まってしまうのかということについて確認していきたいと思います。
筋肉が凝り固まる理由としては、以下のようなものがあります。

 

1.同じ筋肉しか使わないから
2.血流が悪くなるから
3.頭が前に出ることで無理な姿勢になるから

 

首や肩、肩甲骨の周りの筋肉は、長時間同じ姿勢をしていたり、長時間のパソコンの使用などデスクワークを行うことによって緊張しやすくなります。同じ姿勢を取り続けることで頭を支えるために首と肩まわりの筋肉ばかりが使われてしまい、疲労してしまいます。そしてパソコンなどデスクワークを行う場合も、頭を支えながら手は前に出す姿勢になり、身体は自然と前かがみになっていることがあります。肩甲骨や首、肩がその状態で固定されるような形になり、筋肉はどんどん緊張していくのですね。

 

 

 

当然、同じ姿勢が長時間続くことで血流も悪くなりますし、そのことが余計に筋肉が凝り固まらせてしまうことにも繋がります。身体を動かして様々な場所を使うことで筋肉が伸び縮みするため、自然と血流がよくなるのですが、同じ姿勢を取り続けることで伸び縮みができずに息苦しい思いをさせてしまっている状態なのですね。

 

立ち仕事や立ちっぱなしで何か作業を行うことが多い方の場合にも、その姿勢に問題があることが多いと言われています。首・頭が前に出てしまい、背中が丸まっているいわゆる猫背の状態であったり、姿勢を意識しすぎて腰が反り返っている状態なども、首こりになってしまう可能性があります。

 

 

肩凝りを改善するための3つの方法

 

 

 

では、肩凝りを改善していくためにはどうすればいいのでしょうか。具体的に2つの方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

正しい姿勢をとること

 

 パソコンを触っている時や、立ち仕事をしている時の自分の姿勢を意識してみてください。首がぐっと前に出ている状態ではありませんか?

鳩のような姿勢は人間の身体に合っている姿勢とはいえず、首や肩だけで重い頭を支える続けなくてはならないため、筋肉が疲労してしまいます。血流も悪くなるため凝り固まった状態になるのですね。

 

首や肩に負担をかける姿勢をとらないようにするためにも、正しい姿勢を身につけることをおすすめします。

 

 

 

立っている時の姿勢

・頭のてっぺんから糸で引っ張られているようなイメージで立つ
・あごを引いて、肩の力を抜いて、肩の高さを揃えるようにする
・横から見た時、耳の穴と肩の真ん中が同じ線上にくるようにする
・お腹に力を入れて引っ込める
・肛門に力を入れてお尻を引き締める
・重心は真ん中に置くようにイメージする

 

これが、立っている時の正しい姿勢の取り方です。
毎日自分の姿勢を意識するだけでも、凝りが解消されたり凝りづらくなったりするものです。自分の姿勢が悪いような気がする時や、ちゃんと正しい姿勢がとれているのか気になる・自信がないという場合には、周囲の人に見てもらうことをおすすめします。壁に背をつけてチェックすると、よりわかりやすいです。

 

 

肥満を解消して筋肉をつけること

 

 

 

肩凝りの原因の1つとして、肩凝りを起こしやすい体型になっているという点も考えられます。
肥満体型の方の場合、お腹を突き出す感じの姿勢になることが多く、腰が反っている状態になりがちです。その姿勢が腰や肩・首などに余計な負担をかけやすいにも関わらず、たくさんの脂肪がさらに負担を増加させていると言えます。

 

運動などにも消極的になりがちなため血流も悪くなりますので、まさに肩凝りを促進させているような状態なのですね。

 

まずはダイエットを行い、筋肉がつくように簡単な筋トレから始めてみることをおすすめします。ジム通いなどしなくても、腹筋・背筋・腕立て伏せなどの基本的なものをこなしていくだけでも全然違います。
特に男性の場合には女性よりも筋肉がつきやすいため、積極的に取り組みたいですね。 

 

適度にストレッチをすること

 

肩凝りを解消していくために、ストレッチを行うことはとてもおすすめです。
ストレッチといっても様々ありますが、今回は立ち姿勢での肩凝りを解消するためのものをご紹介します。

 

 

 

1.椅子に座って肘を曲げ、肩の上に手のひらを軽くのせます
2.ゆっくり呼吸をしながら肩を前後10回ずつ回します
3.胸の高さで腕を開き、上半身を左右10回ずつねじります
4.鎖骨の周りに手をあて、ゆっくりと軽い力でさすります
5.首をグルーっと左右5回ずつまわします

 

椅子に座って行うこともできますが、このストレッチは立った状態でもできますので、肩がこりそう!と思った時や気になった時にやってみてくださいね。

 

 

スマホの使いすぎにも注意!

 

 

 

スマホの使いすぎも、実は肩凝りに関係していることがあります。
たった状態でスマホを触る時、座った状態でスマホを触る時、どちらの場合にも首を前に出していたり頭が下がっていたりしませんか?この状態は負担の少ない姿勢ではなく、前述の通り、首や肩に負担をかけやすい姿勢なのです。

 

特に歩きスマホなどは、危険を伴う上にマナー違反でもありますし、おまけに肩凝りまで誘発してしまうということで、最悪です。それに加えて片方の肩に重みがのしかかるカバンなど下げていたり、片足に重心をかけた状態になっていたりする場合には、首や肩だけではなく、腰や背中、足などにも痛みを感じることになってしまいます。

 

毎日ちょこっと意識するだけで姿勢を変えていくことはできますので、地道にチャレンジしてみてくださいね。